「新4K8K衛星放送」への対応について

2018年12月1日より、「新4K8K衛星放送」が開始されます。
4K・8Kとは次世代の映像規格で、現行のハイビジョンを超える超高画質の映像です。
・4Kは現行ハイビジョンの4倍の画素数で、高精細で臨場感のある映像が実現できます。
・8Kは現行ハイビジョンの16倍の画素数です。立体感も加わり、さらに臨場感のある映像を体感できるようになります。

 

あいコムこうかは2018年12月1日より、「光テレビ」をご契約いただいているお客様に、
BSパススルー方式※でのサービス提供を予定しております。
4Kチューナー付きのテレビもしくは4K対応テレビに4Kチューナーを組み合わせる事により、
「BS右旋」、「BS左旋」の4K放送がご覧いただけます。

※BSパススルー方式とは、お客様宅でBSアンテナを必要とせず、 あいコムこうかで受信した放送波を同一周波数でそのまま伝送する方式です。

 

【注意事項】
※「新4K8K衛星放送」は高規格の放送のため、お客様の宅内環境により、分配器・分波器・壁面端子・同軸ケーブル・ブースタ等の交換や工事が必要な場合があります(有料となります)。
参考:総務省/4K放送・8K放送情報サイト/中間周波数の漏洩について
※「新4K8K衛星放送」はNHK衛星契約の対象となります。
※110度CS左旋4K放送についてはご覧いただけません。

 

【4K8K情報サイト】以下のサイトをご参考ください。
総務省 4K放送・8K放送情報サイト
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin.html

A-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)
http://www.apab.or.jp/4k-8k/