悪天候時のBS放送の受信不良について

悪天候のとき、BS放送(衛星放送)等の映像が乱れることがあります。

この障害は、降雨・降雪減衰が原因で発生します。降雨・降雪減衰とは、電波の一部が雨粒によって吸収・反射されて減衰することを言います。
通常の雨ではほとんど影響はありませんが、 雷雨や集中豪雨、大雪などの場合は受信不良となることがあります。

衛星からあいコムこうか受信局設備までの区間(またはBS送信局設備から衛星までの区間)に雷雨や集中豪雨、大雪などが発生すると、降雨減衰が発生し、
お客様のテレビや受信機でブロックノイズ(モザイク状の映像不良)が発生したり、画像が動かなくなったり、場合によっては受信ができなくなることがあります。
なお、アンテナ受信点場所の天候によるため、お客様のお住まい付近では雨・雪が降っていないような場合にも発生することがございます。
(※記録的な豪雨の場合は、地上波放送にも影響がでる場合がございます。)

降雨・降雪減衰の現象は、電波の送受信が原因となるもので、お客様のテレビや受信機の故障ではございません。
天候が回復すれば自然に復旧いたしますので、それまでしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

※天候に関係なく受信不良が発生する場合は、別の原因の可能性がございます。その場合は当社窓口までお問い合わせください。