対応OS

Windows 10 Home/ Windows 10 Pro / Windows 10 Enterprise
Windows 8.1 / Windows 8.1 Pro/Windows 8.1 Enterprise/Windows 8.1 update
Windows 7 Starter / Home Basic / Home Premium / Professional / Ultimate

※いずれのOSも日本語版のみの対応です。
※64ビット版OSでは、一部機能に制限が生じる場合があります。

ハードウェア要件

CPU:

クロック速度が 1 GHz 以上のプロセッサ

メモリ:

Windows10 / Windows 8.1 / Windows 7
・64 ビット版は2GB以上
・32 ビット版は1GB以上

※必要メモリ容量を搭載していても、常駐プログラムやサービスの数によっては、メモリ不足のエラーが発生します。こうした場合は、常駐プログラムやサービスを停止し空きメモリを確保してください。安定した動作をさせるにはメモリの増設をおすすめします。

ハードディスク必要容量:

1500MB 以上

※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。※定義データベースのサイズやレポートの作成状況により、必要容量は変動します。※レポートや隔離で使用する容量は、プログラムの設定で変更できます。

ネットブックのハードウェア要件

Intel Atom CPU 1.60 GHz 以上
1024 MB 以上の空きメモリ
1024×600 ピクセルの解像度を持つ 10.1 インチディスプレイ
Intel GMA 950 以降

ウェブブラウザ要件

■カスペルスキー プラグイン のインストールをサポートしているブラウザー:
Microsoft Internet Explorer 9.0、10.0、11.0
(新しい Windows ユーザーインターフェイスを使用した Internet Explorer 8.0-11.0 除く)
Mozilla™ Firefox™ 52.x–65.x
Mozilla™ Firefox™ ESR 52.x–60.x
Google Chrome™ 48.x–72.x

■セキュリティキーボード、入力情報の漏洩防止をサポートしているブラウザー:
Microsoft Internet Explorer 9.0、10.0、11.0
(新しい Windows ユーザーインターフェイスを使用した Internet Explorer 8.0-11.0 除く)
Microsoft Edge(Microsoft Windows 10 1803 以降のバージョンを除く)
Mozilla™ Firefox™ 52.x–65.x
Mozilla Firefox ESR 52.x–60.5
Google Chrome™ 48.x-68.x

■保護されたブラウザーモードをサポートしているブラウザー:
Microsoft Internet Explorer 9.0、10.0、11.0
(新しい Windows ユーザーインターフェイスを使用した Internet Explorer 8.0-11.0 除く)
Microsoft Edge(Microsoft Windows 10 1803 以降のバージョンを除く)
Mozilla™ Firefox™ 52.x–65.x
Mozilla Firefox ESR 52.x, 60.x
Google Chrome™ 48.x-72.x
Yandex ブラウザー 18.3.1–19.0.3(制限事項 あり)
より新しいバージョンのブラウザーは、必要な技術が備わっている場合は対応ブラウザーに含まれる場合があります。

32 ビット版 OS / 64 ビット版 OS の両方で Google Chrome と Mozilla Firefox をサポートしています。Internet Explorer 11.0 は、Microsoft Windows 10 1809 以降の互換モードでサポートされていません。

制限事項

64 ビット版オペレーティングシステムにインストールされた カスペルスキー インターネット セキュリティでは、以下の機能の動作が制限されます。 ・スクリーンショットの撮影からの保護 ・アプリケーションの権限の設定
■スクリーンショットの撮影からの保護の制限事項

64 ビット版の Windows 8.1 が動作するコンピューターで、セキュリティキーボードは表示されるが保護されたブラウザーが開始されない場合、スクリーンショットの撮影からの保護機能は利用できません。

また、64 ビット版の Windows 8.1、Windows 10 が動作するコンピューターでハードウェア仮想化(ハイパーバイザー)を使用した保護によって提供される保護には、次の制限があります:

この機能は、VMware 仮想化ハイパーバイザーなどのサードパーティ製ハイパーバイザーの実行中には利用できません。サードパーティ製ハイパーバイザーの終了後に、スクリーンショットに対する保護が再び利用できるようになります。
コンピューターの CPU がハードウェア仮想化技術をサポートしていない場合は、この機能は利用できません。CPU がハードウェア仮想化をサポートしているかの詳細については、コンピューターに付属のドキュメント、または CPU の開発元の Web サイトを参照してください。
コンピューター上でハードウェア仮想化が無効の場合には使用できません。コンピューター上でハードウェア仮想化を有効にする方法について詳しくは、お使いのコンピューターの技術文書またはプロセッサの製造元の Web サイトを参照してください。

■アプリケーションの権限の設定の制限事項

64 ビット版オペレーティングシステム上では、次の動作に対するアプリケーションの権限は設定できません。

物理メモリへの直接アクセス
プリンタードライバーの管理
サービスの作成
サービスの読み取り
サービスの編集
サービスの再設定
サービスの管理
サービスの開始
サービスの削除
ブラウザの内部データへのアクセス
オペレーティングシステムの重要なオブジェクトへのアクセス
保護された記憶域へのアクセス
デバッグ権限の設定
オペレーティングシステムのプログラムインターフェイスの使用
オペレーティングシステムのプログラムインターフェイスの使用(DNS)

■互換性のある Web カメラ

以下の Web カメラがサポートされています:
Logitech HD Webcam C270
Logitech HD Webcam C310
Logitech Webcam C210
Logitech Webcam Pro 9000
Logitech HD Webcam C525
Microsoft LifeCam VX-1000
Microsoft LifeCam VX-2000
Microsoft LifeCam VX-3000
Microsoft LifeCam VX-800
Microsoft LifeCam Cinema
上記以外の Web カメラでの動作は保証されません。